代表紹介

表 孝憲

代表取締役社長CEO

表孝憲の顔写真
京都大学法学部在学中はアメリカンフットボール部に所属。4年時は副キャプテンを務める。卒業後、モルガン・スタンレー証券株式会社の債券統括本部に入社。営業としてベストセールス賞を度々受賞。営業として勤務する傍ら入社後半年後から週末は面接官として従事。全社の採用リーダーとして1,000人以上の学生と面接。 2013年6月に退職し、カリフォルニア大学バークレー校ハースビジネススクールに留学。人事なども含まれるリーダーシップ論組織心理学を中心とした授業をとり、経営学修士(MBA)を取得。スキル以外のミスマッチで活躍できず退職する人を面接官として目の当たりにしてきた経験から社会全体のミスマッチをなくすためにミライセルフ(現ミツカリ)を創業する。

社会全体の適材適所を実現する

人は誰しも大いなる可能性を秘めていると考えます。その可能性を活かせる場所を見つけられた人は幸せです。
これまで、その場所を見つけられるかどうかは運に左右されやすいものでした。テクノロジーが進化した今、適さない場所にいる不幸を減らすことはできるはずです。
人とテクノロジーを掛け合わせて社会全体の適材適所を実現する。
それがミツカリのミッションです。